>  > ベレッツァ ワイルドステッチDX シートカバー ホンダ ステップワゴン RF1/RF2 1996年05月~2001年03月 選べる19パイピングカラー カラー1 H026

東証REIT Core指数は、東京証券取引所に上場しているREITの中から、時価総額や売買代金の大きいものが選定されて計算される指数です。
分散が効いており、配当利回りも東証REIT指数を若干上回ると想定されます。

 
マンガで
わかる
ETF
 

     

RF1/RF2 1996年05月~2001年03月 選べる19パイピングカラー ステップワゴン カラー1 シートカバー ホンダ ステップワゴン ベレッツァ ワイルドステッチDX RF1/RF2 H026

REITは、投資家が不動産を直接保有しないでも、不動産投資ができる金融商品です。
取引所に上場しているREITもあり、J-REITとも呼ばれます。
東証REIT Core指数は、時価総額や売買代金の大きいJ-REITが選定されて計算される指数です。

東証には61銘柄のREITが上場しています。東証REIT Core指数はそのうち26銘柄で算出されます(2019年2月8日時点)。

東証REIT Core指数 東証REIT指数
銘柄数(2019/2/8) 26 61
選定基準 浮動株時価総額及び売買代金 東証上場全銘柄
加重方式 均等加重 浮動株調整後時価総額加重

◆東証REIT Core指数の銘柄の選び方

東証REIT Core指数の銘柄の選び方は特殊です。

1. 流動性スクリーニング
直近1年間の売買代金について、上位97%以内の銘柄を選定候補とする。
この条件だと、上場REIT61銘柄のうち、下位2銘柄が除外されるだけです。

2. 浮動株時価総額による銘柄の選定
A)初回(2017年6月):
選定候補のうち、「累積時価総額」が上位80%の銘柄を選定。

「累積時価総額」は聞きなれない言葉です。
下表を使って説明します。

時価総額 比率 累積時価総額 比率
Aリート 40 40% 40 40%
Bリート 30 30% 70 70%
Cリート 10 10% 80 80%
Dリート 8 8% 88 88%
Eリート 7 7% 95 95%
Fリート 5 5% 100 100%
100

左側は一般的な時価総額比率の考え方です。各銘柄の比率は、時価総額の合計で割って計算します。
右側が累積時価総額です。例えばCリートであれば、それより上位のAリートとBリートを合計した80(40+30+10)が累積時価総額となります。

東証REIT Core指数の初回選定「選定候補のうち、累積時価総額が上位80%の銘柄を選定」に当てはめると、累積時価総額が80%以内のA、B、Cリートが対象となります。このように、上から累積時価総額が80%に達するまでの銘柄を選定していきます。

B)定期入替
①現在の構成銘柄について:
「現在の構成銘柄」とは、既に東証REIT Core指数に選定されている銘柄のことです。この場合 、累積時価総額が90%以内であれば残留します。

上表の場合 【DID】【ドライブチェーン】525VX 108L ZJ ゴールド【カシメジョイント】ホンダ CB400SF HYPER-VTEC Revo 08-、D、Eリートが現在の構成銘柄であった場合、Dリートは累積時価総額90%以内なので残留、Eリートは累積時価総額90%超なので除外されることとなります。

②新規銘柄について:
累積時価総額が上位70%以内の銘柄を新規採用します。そのため、新規選定のハードルは高く、CリートがIPOした場合、累積時価総額では70%超のため指数に新規採用はされません。同条件でBリートであれば、累積時価総額70%以内であるため、指数に採用されます。

このように、東証REIT Core指数は FUJITSUBO AUTHORIZE S 日産 ニッサン セレナ ハイウェイスター ハイブリッド GFC27用 (360-17161)【マフラー】フジツボ オーソライズS 藤壺技研、一度指数に構成銘柄として採用されれば除外はされにくいものの、新規採用もされにくく、銘柄入替の頻度が低い指数といえます。

◆構成銘柄について

東証REIT指数が61銘柄で構成されるのと比べ、東証REIT Core指数は26銘柄と少ないです。しかし、均等加重であるため、全銘柄が4%前後の比率となり、構成銘柄間での分散が効いています。

東証REIT Core指数と東証REIT指数の上位5銘柄の比較が下表です。

東証REITCore指数 東証REIT指数
積水ハウス・リート 4.1% 日本ビルファンド 7.5%
プレミアリート 4.1% ジャパンリアルエステイト 7.0%
ヒューリックリート 4.0% 野村不動産マスターファンド 5.1%
ジャパン・ホテル・リート 4.0% 日本リテールファンド 4.6%
日本アコモデーションファンド 3.9% ユナイテッド・アーバン 4.2%

時点:2019年1月末、出所:東京証券取引所

東証REIT指数は上位2銘柄で14%超と、日本ビルファンドとジャパンリアルエステイトの影響が大きい指数です。東証REIT Core指数もこの2銘柄を含みますが NV350用 センサーアッセンブリーDPFプレツシヤーNV350キャラバンアトラス 22771-1AT0A 日産純正部品 クスコ LSD タイプMZ スペックF 2WAY リア ローレル GC35 LSD-270-KT2B CUSCO type-MZ SPEC-F デフ L.S.D.【店頭受取対応商品】、均等加重であるため、どちらも4%弱と比率は大きくありません。

◆東証REIT Core指数の特徴

東証REIT指数との比較した 【送料無料】 185/60R15 ヨコハマ アイスガード YOKOHAMA ICE GUARD IG60 SEIN SV メタルフレークシルバー 新品 スタッドレスタイヤ ホイール 4本セット、東証REIT Core指数の特徴のまとめです。

①配当利回りが若干高い
時価総額が最大の日本ビルファンド、ジャパンリアルエステイトの配当利回りは2%後半と、比較的低水準です。東証REIT指数では、この2銘柄で14%超を占めますが、東証REIT Core指数は8%未満です。
その結果、東証REIT Core指数の配当利回りが若干上回る可能性が高いです。

②銘柄が分散している
東証REIT Core指数は均等加重で計算される指数であるため、時価総額が大きくない銘柄もパフォーマンスに一定の貢献があります。
東証REIT指数は、銘柄数は多いものの、構成比3%超の銘柄は12銘柄のみ、1%未満の銘柄が4割を占めます。これに対して、東証REIT Core指数の銘柄数は26に限られますが、

、どの銘柄も4%前後の構成比であり、東証REIT指数に比べて、構成銘柄間での分散が効いています。

 
マンガで
わかる
ETF
 

     
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-86035