ベレッツァ ワイルドステッチDX シートカバー ホンダ フリード GB3/GB4 2008年05月~2011年10月 選べる19パイピングカラー カラー1 H048


 >  > ベレッツァ ワイルドステッチDX シートカバー ホンダ フリード GB3/GB4 2008年05月~2011年10月 選べる19パイピングカラー カラー1 H048
苔の写真を撮り、海外文学を読んでいます。
Artina アルティナ フロアマット ロイヤル ブラック アイシス ANM10/11/15 ZNM10/11/15 H16.09~ 2WD車/4WD車/FコンソールBOX有/無 Facebook はてブ Google+ Pocket LINE

苔湯酒活動とは、山に登って苔を見て、下山したら風呂に浸かり酒を飲む活動のことである。今回も上野健先生が企画されている「苔の旅」に随伴させていただき、奥多摩駅から一つ手前の白丸駅周辺をめぐる。山手線圏から白丸駅へ行くには、「休日お出かけパス」を購入しておくのが吉。ホリデー快速おくたまに乗って一度奥多摩駅まで出てから白丸駅に一駅戻った方が確実に座れるので、無駄に体力を消耗しないで済む。この作戦は当たり、紅葉の季節でけっこうな混雑の電車でも座って行くことができた。

登山を目的にしていたころから奥多摩には年に1回くらいのペースで来ていたが、白丸駅は初めて。無人駅で、トイレは誰でも自由に使用できるのがありがたい。数馬の切り通しまでは駅から脇目も振らずに歩いたら20分くらいで到着するが、苔を見る人は歩みが亀より遅い。駅を出たのが11時前で、切り通しの辺りに着いたのはお昼過ぎ、それも催促された結果によるものだ。放っておかれるといつまでも対象物を見て時間の経過を顧みないのは、どのジャンルの熱心なファンもいっしょだと思う。

ナガバチヂレゴケ

奥多摩駅から行ける山沿いの苔は何度か見たが、白丸駅ではまた様相が異なる。チヂレゴケやギボウシゴケモドキのような、縮まる系の苔が目につく。この日は天気が良く、日向で直射日光を受けている苔が多いせいかもしれない。駅ひとつちがうだけで、苔の植生がかなり異なるというのも勉強になる。研究する人は大変だろうけど。

スナゴケのかたまり

山に踏み入れる手前から同じ日陰でも急に温度が変わるのがわかる。冬用のキルティング肌着・フリース・マウンテンパーカーでもちょっと寒い。特に指がかじかむので 【 トヨタ ヴェルファイア 型式 AGH30W/AGH35W GGH30W/GGH35W 年式 H27/2- 】 REAL レアル 【 純正エアバック対応 ステアリング ≪ Dシェイプ ≫】【 高級ナッパレザー&本カーボン ガングリップ ≪ ピンクカーボン&ブラックユーロステッチ ≫】【 品番 S210-PC-BK 】、撮影が難しい。やはり冬の苔観察は寒さとの戦いになりそう。ギンゴケの白さが冬の装いに見える。

ギンゴケと無性芽

見ていて気持ちがいいのは蘚類、特にトサカホウオウゴケの大きな群落や(蒴はないけど)きりりとしたタマゴケの葉などだが、一方で緑色の粉に見えるような小さい群落が苔類だったりするのもいい。小さくてもきちんと葉があり茎もある。きちんと裏返して観察できれば腹葉もあるのだろうが、わたしのピンセット技術ではとても無理。見栄えはしないが、応援したくなるいじましさを感じる。

クサリゴケの一種

この日のフィーチャー苔類はフタマタゴケ。なんとなく葉状体の苔類は濡れた地面に生える先入観を抱いていたが、これは乾いた岩の上でも見られたはず。そういえば同じような苔を埼玉県でも見て、その時はクモノスゴケかと思い込んでいたが、もう一度写真をひっくりかえして調べてみないと。このときちゃんと説明を聞けなかったのだけど、無性芽をつけず先端が丸いヤマトフタマタゴケだったような。

フタマタゴケ

石灰岩を好む苔=アスファルトにも生えるということをうかがって、目から鱗。なるほどー。石灰岩地帯に生える蘚類についての論文もあるので、あとでゆっくり読みたい。可憐なキヨスミイトゴケも石灰岩地帯を好むらしい、木の上に生えたりするのに不思議なことだ。

岩LOVE

前からうすうす気づいてはいたが、苔だけじゃなくて地衣類、それも樹状型が好きだ。藻類と菌類のハイブリッドであり、先端が赤くなるところなど理屈がわからなくてすばらしいと思う。蘚苔類の書籍はただでさえ少ないのに、地衣類となると激減する。ゾンビぽい薄白さとか、茸ほど大きくないのが不人気の理由だろうか。いつ見ても、がんばって伸びていって欲しいと応援したくなる。

地衣類

教わったことをすべて記憶できたわけではないし ピーエムシー PMC YSS ツイン リアショック スポーツライン Z362 ゼファーχ、ゼファー400 350mm 黒/赤 27N 116-411051S7 JP店、ちがう場所で同じ種類の苔を見て同定できるわけではないが、それでも詳しい人に教わるとレベルが上がる気がする。小説などとちがってあいまいな解釈が入らない、正解が確定している世界を見るのもおもしろい。正解があるはずなのに人間の視力だけではたどりつけない。ルーペや顕微鏡や遺伝子分析などがないと正解にまでたどりつけないのって、もどかしいけども達成感があるからおもしろいのかも。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-72795