カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ LEMANS5 ルマンV LM705 サマータイヤ 205/50R17 KYOHO 共豊 CIRCLAR サーキュラー RM7 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100


 >  > カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ LEMANS5 ルマンV LM705 サマータイヤ 205/50R17 KYOHO 共豊 CIRCLAR サーキュラー RM7 ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100

バックナンバーはこちら

最新号はこちら

ご注意事項

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ LEMANS5 ルマンV LM705 サマータイヤ 205/50R17 KYOHO 5.50-14 共豊 CIRCLAR サーキュラー RM7 VERTEC ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +50 5穴 100

長期的な展望を軸に、不確実性と向き合う—謙虚に、しかし確信があれば行動を

セールに受けた風を推進力に変えて走るヨット。刻々と変わる風向きや強さを緻密に読み、舵取りを行わなければゴールは目指せない。
金融情勢も常に順風満帆とは限らない。投資家は不確実性がもたらす風向きの変化に常に注視する必要がある。

投資家は経済やマーケットの先行きが不透明になると、とっさに「安全」と思われる資産の陰に「身を隠す」ことが多い。しかし、今日の金融市場には「リスクが全くない」という意味の「安全資産」は存在しない。長期投資を成功させる鍵は、突如視界が暗転した時にも、落ち着いて慎重な態度で事態に対処することだ。常にポートフォリオの適切な分散を確認しつつ、一方で、確信があれば行動に移すことを勧める。なぜなら、往々にして不確実性がピークの時に、良好な投資機会は訪れるからだ。何か有事が起きた際に 送料無料(一部離島除く) RS-R アールエスアール車高調 ベストi レクサス IS(2013~ IS350 GSE31) フジコーポレーション、市場は不安感から過剰反応しがちだが、長期的な視点に立つ投資家にとっては、こうした時こそが投資の好機となる。

5穴 17 カードでポイント最大34倍 4本 共豊 DUNLOP CIRCLAR +50 ルマンV KYOHO KYOHO 100 X ホイールセット 17インチ ダンロップ LM705 205/50R17 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 RM7 LEMANS5 サマータイヤ RM7 7 サーキュラー

我々は「不確実性に囲まれた世界」に生きている。一つの結論が常に正解であり続けることはできず、長い歩みの中で「短期的に先が見えない」事態に遭遇するだろう。しかし、投資家は長期的な趨勢を把握しつつ、こうした状況をポジティブに受け止めるべきだ。なぜなら、それは時として、異例のリターンを獲得できる機会となるからだ。UBSのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)が指摘するその好例が米国株式である。5年前の3月、S&P500指数は日中に667ポイントをつけて底を打った。だが当時、世界不況の見通しや貿易金融の崩壊、主要銀行破綻の余波などが重なる中、その後5年間にわたって上昇相場が続き、年率で20%を超えるリターンを達成(図1)すると予測できた者はいなかったのだ。現在も、米国株式そして米国経済の展望は引き続き力強い。我々は、米国経済の成長が民間需要の伸びにけん引され、2014年いっぱいは加速し続けると予想する。今年の米国経済は国内総生産(GDP)でおよそ3%の成長軌道に乗っており、これは2005年以来で最も高い伸び率である。米連邦準備理事会(FRB)も、量的緩和プログラムを2014年第4四半期までに終了させ、2015年半ばには利上げを開始できるだろう。

今年後半の展望

ウクライナ情勢の地政学的な影響および各市場への波及や、不動産市場の変調に伴う中国経済の成長鈍化は、世界経済における不確実性を深めている。しかし世界経済の改善を背景に、我々は戦術的(今後6ヶ月の)判断として、株式のパフォーマンスが債券を上回るとの従来の見方を堅持する(図2)。今年前半を振り返ると、債券では高格付債の予想外の強さ(債券価格は上昇し、利回りは低下)が際立っている。だが、米国の景気回復とFRBによる量的緩和の縮小も手伝って、利回りが上昇するとの確信は揺るがない。従って、我々はハイイールド社債および投資適格社債への強気のスタンスを維持する。株式のパフォーマンスは、総合指数レベルでは堅調に推移しているが、セクターや国ごとでは予想を上回る変動が見て取れる。3月以降、一部新興国のパフォーマンスが良好であり、一方、これまで人気だったバイオテクノロジーやインターネット等のセクターは値を崩している。しかし、新興国は経済ファンダメンタルズが十分に改善していないため、新興国株式よりも先進国株式を引き続き選好するとともに、設備投資拡大の恩恵を受ける米国のテクノロジー・セクターへの選好も持続する。通貨市場では、これまでのところユーロが予想外の強さを示しているが、欧州中央銀行(ECB)が追加金融緩和に踏み切ったことで、米ドルが対ユーロで上昇するだろう。米国に加え、経済が好調な英国も利上げを射程に入れていることから、我々はユーロおよびスイス・フランに対して米ドルと英ポンドを選好する。

本稿は、Chief Investment Office WM によるレポートを翻訳・編集したものです。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。

不確実性と向き合う投資-2

力強い米国経済と各市場—今後もこのトレンドは継続へ

米ドルと米国経済のポテンシャル

労働市場の好転、景気指標および財政収支の改善により、米国の経済成長の加速は続くと見られる(図3)。米連邦準備理事会(FRB)は量的緩和政策の縮小(資産購入の縮小)を続け、米ドルを下支えしている。FRBが2015年半ばごろに利上げに踏み切るという観測も、米ドルの長期的なトレンドを後押ししている。米ドルは、今後12ヶ月間の我々の目標であるユーロ/米ドル=1.24へ向けて上昇するだろう(ユーロは下落)。なお、米ドル高トレンドへのリスク要因としては、ユーロ圏経済の力強い反発、米国経済成長の予想外の低迷が挙げられる。しかし米国では CUSCO クラッチ カッパーセット WRX STI VAB クスコ、シェールガス(頁岩<けつがん、シェール>層から採取される天然ガス)採掘技術の発達によりエネルギー革命が進展し(図4)、経済成長と産業界の将来展望に好影響を及ぼしている。今後はこのエネルギー供給の大変革がもたらす 17インチエディックスBE系AXEL  アクセル フォー ブラックポリッシュ 7.0Jx17エナセーブ RV504 215/45R17、幅広い影響を考慮することが重要だ。エネルギー革命の進展は、米国の経済成長を後押し、

、株式と債券の投資機会が広がるだろう。また、エネルギー生産量の拡大によって経常赤字が減少すれば、米ドルの上昇にもつながるはずだ。

米国株式:魅力的なITセクター、キャッシュを積極還元する企業

堅調な経済の後押しを受け、アナリスト予想を上回る1株当たり利益を出し続ける米国の株式市場(図5)において、我々はテクノロジー・セクターの株価バリュエーションが魅力的だと考える。同セクターは、過去18年間、米国株式市場に対して平均30%のプレミアム(割高)で取引されてきたが、現在は市場より若干のディスカウント(割安)で取引されている。長期的に底堅い収益成長力や景気循環株の見通し改善、株主へのキャッシュ分配の拡大など、長期的な成長の恩恵を享受できる環境が同セクターにあるためだ。また、米国企業は、総じて財務体質が健全で潤沢な手元資金を抱えている。我々の分析によれば、配当と自社株買いを通じて株主にキャッシュを積極的に還元している米国企業は、魅力的な配当利回りを提供し、その株価パフォーマンスは、それ以外の企業の株価や総合株価指数のパフォーマンスを上回っている。なお、自社株買いは経営陣の裁量に任されているため、我々は分散された銘柄バスケットへの投資を選好する。

米国債券:引き続き米ハイイールド社債を選好、シニアローンも魅力的に

米ハイイールド社債は、低い債務不履行(デフォルト)率と企業の強固なファンダメンタルズに支えられている(図6)。今後6ヶ月および12ヶ月のデフォルト率が極めて低く見込まれるなど米企業の業績は好調で、良好な需給環境も続いているため 195/55R16 サマータイヤ タイヤホイールセット 【送料無料】 Verthandi YH-M7 16x6.5 45 114.3x5 BLACK + Corsa Ultimate 195/55R16 87V (195/55/16 195-55-16) 夏タイヤ 16インチ、今後数ヶ月、米ハイイールド社債は魅力的な投資対象と言える。また、ハイイールド社債関連では、低金利環境下においてシニアローン(優先担保付きのバンクローン)が、従来型債券に代わる魅力的な投資商品である。シニアローンは変動金利であり、金利が上昇または横ばいで推移する場合、他の債券セクターのパフォーマンスを上回る傾向があるからだ。我々がシニアローンを勧める根拠は、発行体企業の健全なファンダメンタルズ、妥当なバリュエーション、そしてシニアローンに対する強い需要にある。シニアローンへの投資で考慮すべき重要な点は、1)デフォルト・リスクが低い、2)繰上償還(コール)リスクがある、ということである。また 、この資産クラスは株式に比べると流動性が低く、市場が混乱すると流動性が一時的に逼迫し、大幅な価格低下に見舞われる可能性がある、という点に留意すべきである。

本稿は、Chief Investment Office WM によるレポートを翻訳・編集したものです。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。

不確実性と向き合う投資-3

オルタナティブ投資の活用を—ポートフォリオ分散および従来とは異なるリターンの源泉を追求

今日、世界経済の不確実性が高まる中、ほとんどすべての金融資産の期待利回りおよび期待リターンが低下する事態が起きている。ポートフォリオの質を高めつつ分散を図るために、投資家は、従来とは異なるリターンの源泉を探す必要がある。我々は、株式と債券の買い持ちのみ(ロング・オンリー)という伝統的な投資手法の枠を超える、オルタナティブ(代替)投資を勧める。オルタナティブ投資は、上場株式や債券といった伝統的な資産に対する伝統的な投資手法とは異なる資産への投資を指す(図7)。具体的には、ヘッジファンド、プライベート・エクイティ、証券化商品、不動産、デリバティブ等がある。UBSのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)ではオルタナティブ投資(図8)を、ポートフォリオの分散戦略として株式、債券に次ぐ第3の投資戦略と位置づけている。

あらゆる金融資産のリターンと利回りが低下する時代へ

投資家は通常、ポートフォリオのリスク調整後リターンの最大化を目指している。ところが、今日の投資環境ではこの達成が極めて困難になっている。世界経済は順調な回復軌道に乗っているとみられるため、株式や社債をオーバーウェイトとする戦術的(今後6ヶ月)なリスク選好スタンスは取れるはずだ。しかし、ここ数年でリスク・プレミアムが大幅に縮小し、期待リターンや期待利回りがあらゆる資産クラスで低下している(図9)。株式は近年の高パフォーマンスをもはや繰り返すことはできず 【送料無料 ノア ヴォクシー】 215/50R17 17インチ BRANDLE ブランドル G72B 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum19】、信用力の高い債券もインフレ・リスクを凌駕するだけのリターンをあげられそうにない。要するに市場変動に依存しているだけでは、これまでと同水準のトータル・リターンを期待できないのだ。こうした背景を鑑み、投資家は、今こそ株式と債券のロング・オンリーという伝統的な投資手法の枠を超えてリターンの源泉を多様化することで、戦略的な投資目標の達成を目指すべきである。

ヘッジファンドで伝統的資産クラスを積極的に運用

ヘッジファンドは、オルタナティブ投資の代表的なものの一つであり、投資家は流動性(換金性)を著しく犠牲にすることなく、現在の投資環境に合ったポジションを取ることができる。ヘッジファンドは、ロング・オンリーのポートフォリオ・マネージャーでは用いられない様々な投資手法と戦略を通じて、従来の資産クラスを積極的に運用する投資手法である。市場の変動に身を任せるだけでなく、伝統的なベータ(市場全体の動きに対する感応度)以外の要素と、マネージャーのスキルからリターンを生み出せるヘッジファンドの能力にも注目すべきだ。あらゆる資産クラスの期待リターンが低下する投資環境にあって、ヘッジファンドの持つこうした特徴は、株や債券に代わる重要なリターンの源泉として機能するはずだ。ヘッジファンドのバランス型ポートフォリオは、長期的には年率5~7%のボラティリティ(変動率)で年率4~6%のリターンを生み出せると我々は考えている(図10)。その結果、戦略的(長期的)資産配分でのウェートとしては、投資家のリスク特性に応じ、ヘッジファンドを12~15%組み入れることが望ましいと考える。これに対し、懐疑派は2008年以降のヘッジファンドのパフォーマンスが、年率10%台後半のリターンを達成した株式やハイイールド社債などのリスク資産と比較して見劣りする、と指摘するだろう。指数で比較すると、ヘッジファンドは株式市場が急激な上昇傾向にある時にはロング・オンリーのポジションに出遅れる傾向がある。さらに、個別の株式や債券よりも市場の動き全体を効率的に、しかも低コストで追うことのできるパッシブ運用の投資商品もある。しかし、ポートフォリオの分散のためにも、投資家はリスク調整後のリターンを改善できるヘッジファンドを取り入れるべきだろう。

株式ヘッジ戦略を選好

現在の投資環境において、我々は株式ヘッジ戦略(株式銘柄のロング/ショート両ポジションを活用して超過リターンを追求する戦略)に最も高い確信を持っている(図11)。株式銘柄間の相関が数年ぶりの低水準となり、市場全体の動きよりも個別企業のファンダメンタルズの方が株価変動に大きな影響を及ぼしている。この状況は、銘柄選択を得意とするマネージャーにとって、ロング、ショートのいずれのポジションでも超過リターンを得られる有利な環境と言えるだろう。一方、レラティブ・バリュー戦略(相対的な割高および割安状態を収益機会と捉える戦略)とイベント・ドリブン戦略(企業の大型イベントを予想し、ポジションを構築して利益を享受する戦略)は堅実なパフォーマンスを提供するであろう。したがって両戦略ともポートフォリオの中核に据えることが望ましいが、現時点ではオーバーウェイトとするほどではないと判断する。最も選好しない戦略はマクロ/トレーディング(主要経済傾向や政治動向を見据え、マクロ指標の予想に基づき各種市場で投資を行うもの)だ。先進国と新興国の間で政策や成長率のトレンドに差がつき始めていることから、裁量型のマクロ戦略マネージャーは、どの資産クラスにも投資機会を見出すだろう。

本稿は、Chief Investment Office WM によるレポートを翻訳・編集したものです。過去の実績は将来の運用成果等の指標とはなりません。

資産運用のご相談、お問い合わせは、UBSウェルス・マネジメントへ

電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル:0120-073-533(東京) 0120-520-887(大阪) 0120-667-581(名古屋)
UBSウェルス・マネジメントのオフィス所在地
ツバキ TSUBAKI チェーンキット HONDAXR500R (520タイプ OMEGA ORS)【Tsubaki Chain Kit Honda XR500R (520-type OMEGA ORS)】【ヨーロッパ直輸入品】 16 49お問い合わせページ

ページの先頭へ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-53569